蕉風俳諧の根本理念の一。作者の心が対象にかすかに深く入り込んでとらえる美、およびそれが繊細微妙に表現される句境。→寂 (さび) 撓 (しおり) 軽み

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫