• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の検地用具の一。頭部に藁 (わら) 束をつけた竹ざおで、測量する耕地の四隅に立てて目標とした。