• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じょうりゅう」とも》先人の事業を受け継いで、さらに盛んにすること。

「仏法―の為にあらざる間」〈太平記・一七〉