• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《背、襟などに主家の屋号や紋を染め抜いたところから》中間 (ちゅうげん) などが着る紺地の短い上着。はっぴ。しるしばんてん。

「―一本差し、中間にて立ち掛り居る」〈伎・小袖曽我