• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

終南捷径の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

正規の手続きや段階を経ずに、官職につく法のこと。世俗を避けて終南山に隠居して、隠者のふりをすると名声が上がり、仕官の道が得やすいこと。終南山には仕官の近道がある意から。▽「終南」は終南山のこと。中国陝西省せんせいしょうの長安の南方にあり、名勝や古跡に富む。「捷径」は最短距離。早道。
出典
『新唐書しんとうじょ』盧蔵用伝ろぞうようでん
類語
南山捷径なんざんしょうけい

終南捷径の解説 - 学研 四字辞典熟語

本来の手続きや試験を経ずに、官職につくこと。終南山には宮仕えのための近道があるという意から。
注記
「終南」は、終南山のこと。「捷径」は、早道、最短の距離のこと。長安の南にある終南山に入り、修行をするふりをすれば、名声が上がり、仕官しやすいということから。
故事
中国唐の時代、盧蔵用ろぞうようは終南山に隠れたことで名声を得て仕官し出世したが、司馬承禎しばしょうていに「仕官の捷径」と指摘され、恥じ入ったという。
出典
『新唐書しんとうじょ』盧蔵用

キーワード[出世]の四字熟語

キーワード[道]の四字熟語