• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歳月のきわまりないこと。長い年月。永遠。

「運命は一重の壁に思う人を―に隔てると共に」〈漱石虞美人草