• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「組織加重係数」とも書く》人体の各組織・臓器に対する放射線の影響を表す係数。臓器荷重係数。

[補説]受けた放射線の等価線量が同じでも、影響の程度は組織や臓器によって異なるため、生殖腺は0.08、骨髄・結腸・肺・胃・乳房は各0.12、膀胱・肝臓・食道・甲状腺は各0.04、皮膚・骨表面・脳・唾液腺は各0.01、その他の組織は0.12と設定され、合計すると1.00になる(ICRP:2007年勧告)。