• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

外国と生産条件に格差がある農産物の生産・販売への支援や、収入減少によって農業経営が受ける影響の緩和などを目的として、農業者に対して交付金を支給する制度。

[補説]平成22年(2010)に民主党政権下で戸別所得補償制度として導入。平成25年(2013)政権交代に伴い改称され、内容が見直された。