[名]
  1. 結うこと。また、結ったもの。「髪―」

    1. 「山守のありける知らにその山に標 (しめ) 結ひ立てて―の恥しつ」〈・四〇一〉

  1. 家相互間で、双務的に力を貸し合う労働慣行。また、それをする人。田植え・稲刈りのときに行われる。手間換え。

[接尾]助数詞。
  1. くくり束ねたものを数えるのに用いる。

    1. 「宮司召して、衣 (きぬ) 二―とらせて」〈・八七〉

  1. 銭を数えるのに用いる。銭100文を一結いとする。

    1. 「運びける用途十―をば」〈略本沙石集・六〉

出典:青空文庫