《集めて一つにまとめる意の動詞「かたなす」の連用形から》

  1. 奈良・平安時代、除目 (じもく) などの政務に関する書類を一つに束ねて結び、政務を行う前にこれを開いて読み上げた儀式。

  1. 結政所 (かたなしどころ) 」の略。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉