1. 数枚重ねた真綿 (まわた) の中央を結び束ねたもの。祝い物に用いる。

  1. 島田髷 (しまだまげ) の一。髷の幅を広くし、その中央に鹿の子絞りなどの手絡 (てがら) をかけて結ぶもの。未婚女性の髪形。結綿島田。

  1. 紋所の名。1を図案化したもの。

  1. 日本建築で、大瓶束 (たいへいづか) の下端の虹梁 (こうりょう) を挟む部分。また、そこに施された1のような形の装飾彫刻。懸魚 (げぎょ) 勾欄親柱などに施された同様な形の繰り形にもいう。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫