• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

装束の袖付けの脇を縫わずにあけておくこと。また、その部分。

「何色にか色ある御衣 (おんぞ) どもの―より多くこぼれ出でて」〈大鏡・伊尹〉