• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 賭弓 (のりゆみ) で勝負を決めること。また、その試合。

    1. 「右の大殿の弓の―に、上達部、親王達多く集へ給ひて」〈・花宴〉

  1. 囲碁の終盤戦で、まだ決まらない目を詰めること。また、その目。駄目。闕 (けち) 。→結 (けつ) 

    1. 「碁打ちはてて、―さすわたり、心疾 (こころと) げに見えて」〈・空蝉〉