• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

挿絵入りの古浄瑠璃正本。寛永期(1624~1644)に刊行、元禄期に丸本 (まるほん) の流行により消滅。丹緑本 (たんろくぼん) 虱本金平本 (きんぴらぼん) ・六段本などの種類がある。