(絵合)源氏物語第17巻の巻名。前斎院が入内 (じゅだい) 、二度の絵合わせが催される。
(絵合せ)庄野潤三の短編小説集。グリム童話を引用し、家族の愛情を描く。昭和46年(1971)刊行。同年、第24回野間文芸賞受賞。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉