• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の絵巻。1巻。伊予国を賜った喜びがはかなくついえ、仏道に志すようになる貧乏絵師の身の上を、滑稽 (こっけい) 味を交えて自由な筆致で描いたもの。えしのそうし。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉