• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 物を作ったりする場合の見本としてかかれた絵や模様。また、下がきの絵。絵図面。下絵。

    1. 「物の―やるとて、これがやうに仕うまつるべしと書きたる」〈・一〇三〉

  1. 図案。模様。

    1. 「鴛鴦 (をし) の波の綾に文 (もん) をまじへたるなど、物の―にも描き取らまほしき」〈・胡蝶〉

  1. 鎌倉時代以後の建築で、梁 (はり) などに施された模様や彫刻。