• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世、采女 (うねめ) の着用した装束の一。表は椿の花に雲を配した彩色の白練り絹、裏は萌葱 (もえぎ) 色の無地の生絹 (すずし) を用いた。うねめぎぬ。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉