• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《中国で、琴の名人伯牙 (はくが) が、自分の琴をよく理解していた鍾子期 (しょうしき) が死ぬと、琴の弦を断ち切って二度と琴を弾かなかったという「呂氏春秋」本味の故事から》愛用の琴の弦を断つこと。転じて、親しい人と死別すること。また、なれ親しんだ物事や人と決別すること。