• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎狂言「楼門五三桐 (さんもんごさんのきり) 」で、大盗賊石川五右衛門南禅寺の山門の上から満開の桜をめでて言うせりふ。あとに「春の眺めは価 (あたい) 千金とは小せえ小せえ。この五右衛門には価万両」と続く。