• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町・江戸時代、主君の代がわりのとき、家臣や社寺などに、前主どおりにその領地・職務を安堵する旨、花押 (かおう) を書いて与えた文書。江戸時代になると花押のかわりに朱印黒印が多く用いられた。