《「つぎまつ」の音変化》

  1. たいまつ

    1. 「その杯の皿に、―の炭して、歌の末を書きつぐ」〈伊勢・六九〉

  1. 斎宮の上の句に在原業平がたいまつの炭で下の句を書きつけたという伊勢物語の故事から》和歌の上の句と下の句を取り合わせる遊び。歌ガルタ歌貝など。