[動ラ五(四)]

  1. 美しく飾る。特に、文章に修飾を施す。「華麗に―・られた文体」

  1. たすきなどを斜め十文字に結ぶ。

    1. 「紅い襷―・りながら」〈木下尚江良人の自白

  1. 巧みに扱う。あやつる。

    1. 「奔すると云ふは、機を―・るやうな心ぞ」〈中華若木詩抄・中〉

出典:青空文庫