• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

綾羅錦繍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

上質の素材を用い、刺繍を数多く施した美しい衣服。また、きらびやかな衣服を身につけること。▽「綾」はあや絹、「羅」は薄絹、「錦」はにしき、「繍」は刺繍をした織物で、いずれも高貴な人が着る美しい衣服のこと。
句例
綾羅錦繍の参会者たち
用例
高いところに飾られた棺は華麗な綾羅錦繍で覆われ、氏名を記した紙が下がっていた。<加賀乙彦・風と死者>

綾羅錦繍の解説 - 小学館 大辞泉

あやぎぬうすぎぬと錦 (にしき) と刺繍 (ししゅう) をした布。美しい衣服。

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。