• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

唐様式を模倣した奈良末期の鎧 (よろい) の一。布帛 (ふはく) で表裏を作り、中に金属片・真綿 (まわた) を入れて石矢を防ぐようにしたもの。綿甲冑。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉