マメ科の一年草。葉は3枚の小葉からなる複葉。緑黄色の蝶形の花をつけ、長さ5~10センチのさやができ、中に緑色か灰黒色の豆が10粒ほどある。豆をあんもやしなどを作るのに用い、粉ははるさめの原料にする。インドの原産。粒の大きさがそろっているので秤 (はかり) の分銅に用いたという。やえなり。ぶんどう。

[生物/植物名]カテゴリの言葉