熱による固体の長さの変化。温度をセ氏1度上げたときの物質の長さの増加する割合を、その物質の線膨張率という。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉