• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世、遊郭に入る客に、顔を隠すための編み笠を貸した茶屋。京都島原の丹波口や江戸吉原の大門外にあった。

「入り口の茶屋に二歩 (ぶ) 、泥町の―に一歩 (ぶ) 」〈浮・諸艶大鑑・二〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉