• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「許す」と同語源。古くは「ゆるふ」》

[動バ四]
  1. ゆるむ1」に同じ。

    1. 「箏の琴のいたう―・びたるを」〈狭衣・二〉

  1. ゆるむ2」に同じ。

    1. 「心安き独り寝の床にて―・びにけりや」〈・末摘花〉

  1. ゆるむ3」に同じ。

    1. 「昼になりてぬるく―・びもていけば」〈・一〉

  1. 氷などがとける。

    1. 「うは氷あはに結べるひもなればかざす日かげに―・ぶばかりを」〈・九〇〉

  1. おっとりしている。

    1. 「高き身となりても、ゆたかに―・べる方はおくれ」〈・若菜下〉

[動バ下二]
  1. ゆるめる1」に同じ。

    1. 「梓弓引きみ―・へみ思ひ見てすでに心は寄りにしものを」〈・二九八六〉

  1. ゆるめる2」に同じ。

    1. 「あまり無下にうち―・べ、見放ちたるも」〈・帚木〉