• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 寺の開帳のとき、本尊を安置してある内陣から本堂前の供養塔まで張る白木綿の綱。これに手を触れれば、本尊に触れたと同じ功徳 (くどく) があるという。

  1. 葬式のとき、棺の前や後ろにつける白布の綱。善の綱。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉