• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「なわどり」とも》罪人を縛った縄の端を持って、逃げないように警護すること。また、その役。

「大納言殿、―にひかへられて、中門へ出で給ふ」〈太平記・一三〉