• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《副詞「よし」+間投助詞「」から》
  1. たとえ。かりに。よしんば。

    1. 「―せつない思をしても」〈鴎外

  1. ままよ。どうなろうとも。

    1. 「流れては妹背の山の中に落つる吉野の河の―世の中」〈古今・恋五〉