• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

縫衣浅帯の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

そでの下から両わきを縫い合わせた服と広い帯。儒者の服。転じて、儒者・学者・文人のこと。▽「縫衣」は縫腋ほうえき縫掖ほうえきのことで、袖の下から両わきを縫いつけた服。「浅帯」は広い帯。帯が広いと服に食い込むのが浅いことからいうが、諸説ある。「縫」は「逢」とも書く。
出典
『荘子そうじ』盗跖とうせき
類語
褒衣博帯ほういはくたい 逢掖之衣ほうえきのい 方領矩歩ほうりょうくほ

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。