織田信長の解説 - 小学館 大辞泉

[1534~1582]戦国・安土桃山時代の武将。信秀の子。桶狭間 (おけはざま) に今川義元を討って尾張一国を統一。のち、京都に上って比叡山を焼き、浅井氏・朝倉氏を破り、将軍足利義昭 (あしかがよしあき) を追放、武田勝頼を三河の長篠 (ながしの) に破ったのち、安土に築城。中国出陣の途中、京都本能寺明智光秀の謀反にあって自殺。

織田信長の解説 - SOCKETS人物データベース

当時の既成概念にはとらわれずリベラルに戦国時代を立ち回った英傑。
出生地
尾張国(現・愛知県)
生年月日
1534年6月23日 かに座
没年月日
1582年6月21日(享年47歳)
血液型
A型
別表記
吉法師 第六天魔王 うつけ 赤鬼

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース