1. 糸などを繰ること。

  1. (ふつう「クリ」と書く)謡曲の節の一。基本的な音の中では最も高い音階名。

  1. (ふつう「クリ」と書く)謡曲で、曲 (くせ) の序章にあたる、拍子に合わない謡の部分。初めのほうに必ず繰りの音を含む。

  1. かんぐること。察し。

    1. 「女と云ふものは、―の深いもので」〈虎明狂・花子

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

出典:青空文庫