• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ハ四]

  1. 露や霜などが置き乱れる。ひどくおりる。

    1. 「ひとり寝る山鳥の尾のしだり尾に霜―・ふ床の月影」〈新古今・秋下〉

  1. 露や霜が置いたのかと見誤る。

    1. 「霜を待つまがきの菊の宵のまに―・ふ色は山のはの月」〈新古今・秋下〉