• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の浮世絵師、鳥居清長が品川芸者たちの姿を描いた揃物の美人画。大判2枚続きの12か月にまつわる12図の刊行が予定されていたとされるが、3月分から8月分までを2枚続き、9月分を1枚で出版したところで刊行中止となった。「清長三大揃物」と称される代表作の一。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉