• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三島由紀夫の小説。人妻が夫以外の男と関係をもち、それを断ち切るまでを描いた作品。「よろめき」は流行語ともなった。昭和32年(1957)発表。同年、中平康監督、新藤兼人脚色により映画化。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉