• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飢饉 (ききん) に備えて穀類を蓄えておく制度。また、そのための倉。中国、代に始まり、日本では律令時代雑税の一種として収納、備蓄用に当てた。江戸時代の幕府・諸藩の特別課徴および義捐 (ぎえん) による備荒貯穀をもいう。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉