1. 雅楽に用いる打楽器の一。奈良時代に唐から渡来したもの。左方 (さほう) の楽で、演奏速度・長短を指揮する主要楽器として使う。長さ約30センチの鼓胴の両側に直径約23センチの馬革の鼓面を固定し、通常は2本の桴 (ばち) で打つ。両杖鼓 (りょうじょうこ) 。

  1. 舞事の一。小型の羯鼓を胸につけて打ちながら軽快に舞うもの。また、そのときの囃子 (はやし) 

  1. 歌舞伎舞踊で、小道具の羯鼓を首に掛けて打ちながら踊る所作。また、その囃子。「京鹿子娘道成寺 (きょうがのこむすめどうじょうじ) 」などにみられる。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。