1. 雅楽に用いる打楽器の一。奈良時代に唐から渡来したもの。左方 (さほう) の楽で、演奏の速度・長短を指揮する主要楽器として使う。長さ約30センチの鼓胴の両側に直径約23センチの馬革の鼓面を固定し、通常は2本の桴 (ばち) で打つ。両杖鼓 (りょうじょうこ) 。

  1. 舞事の一。小型の羯鼓を胸につけて打ちながら軽快に舞うもの。また、そのときの囃子 (はやし) 

  1. 歌舞伎舞踊で、小道具の羯鼓を首に掛けて打ちながら踊る所作。また、その囃子。「京鹿子娘道成寺 (きょうがのこむすめどうじょうじ) 」などにみられる。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉