• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神仙となって空をとべるようになった人。仙人。仙客。

「―は霞に乗りて至り、仙人は月を玩 (もてあそ) ぶ」〈宴曲集・四〉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉