• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

忌み詞の一。俳諧などで、正月三が日の間に、物の名を忌み、呼びかえて使う言葉。「雨」を「おさがり」、「寝る」を「いねつむ」、「おきる」を「いねあぐ」という類。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉