• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. つばさ。羽翼 (うよく) 。

  1. 航空機の機体から左右に張り出した部分。主翼・尾翼など。

  1. 軍隊の陣形で、左右に張り出した部分。運動競技の陣形などにもいう。「右翼」「左翼」

  1. プロペラ・タービンなどの、断面が航空機の主翼の断面と同じ形をした羽根。

  1. 二十八宿の一。南方の第六宿。コップ座のα (アルファ) 星と海蛇座の二二星。たすきぼし。翼宿。

[接尾]助数詞。
  1. 鳥のはね、また、鳥の数を数えるのに用いる。

    1. 「羽二―、鹿の角四頭」〈延喜式・四時祭上〉

  1. 船を数えるのに用いる。

    1. 「毎歳商船二―を支那の広東に送り」〈輿地誌略・四〉