• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

老成円熟の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

豊富な経験に裏打ちされて、人格・知識・技能・教養などが十分に熟達していること。▽「老成」は経験を十分に積んで物事にたけていること。「円熟」は人格や技量などが十分に発達していて、豊かな内容をもつこと。
句例
老成円熟の境地に達した落語家
用例
人柄も老成円熟、野暮な議論などは決してしないからねえ。お前らがような年中喧嘩腰の奴らにゃわからねえ人だよ<子母沢寛・勝海舟>

老成円熟の解説 - 学研 四字熟語辞典

十分な経験に裏付けられた、技術や能力、人格が完成の域に達し、豊かな内容をもっていること。
注記
「老成」は、十分な経験と技能があること。「円熟」は、技術や人格が立派であること。

キーワード[人物]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。