• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国、清末の小説。20回。劉鶚 (りゅうがく) 作。1906年刊。作者とおぼしき老残と名のる医師が見聞したことを述べ、特に、清廉と自任する官僚の横暴を批判している。