• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東北地方で、5月5日に牛尾菜 (しおで) や山芋 (やまいも) を耳に当て、耳の穴をほるまねをする風習。耳がよく聞こえるようになるという。