• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Sint Pauluskerk》ベルギー北部の都市アントウェルペンの旧市街にある教会。13世紀にドミニコ会が築いた教会に起源し、幾度も火災に見舞われ、現在は17世紀に建造された部分が残っている。大理石製のバロック様式の祭壇や、ルーベンスファン=ダイク、ヨルダーンスなどのバロック絵画があることで有名。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉