• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Hildesheimer Dom St. Mariä Himmelfahrt》ドイツ北西部の都市ヒルデスハイムにある大聖堂。11世紀初めにロマネスク様式のバシリカ式聖堂として建造された。14世紀まで増築が続けられ、一部にゴシック様式が見られる。キリストの生涯を浮き彫りで表現した「キリストの円柱」、聖書を描いた青銅の扉、中庭にある樹齢1000年のバラが有名。第二次大戦で大きな被害を受けたが再建された。1985年、聖ミヒャエル聖堂とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。ヒルデスハイム大聖堂。