• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

聖人無夢の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

徳のすぐれている聖人は、心身が安らかで憂いや悩みが少しもないから、夢を見ることがないということ。▽「聖人せいじんに夢ゆめし」と訓読する。
出典
『荘子そうじ』大宗師たいそうし

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。