[動ア下一][文]きこ・ゆ[ヤ下二]《動詞「き(聞)く」の未然形に上代の自発の助動詞「ゆ」が付いた「きかゆ」の音変化》
  1. 音・声などが耳で感じられる。自然に耳に入る。「汽笛が―・える」

  1. 聞いて、そのように受け取られる。そのように理解・解釈される。とれる。「彼が言うと本当らしく―・える」「皮肉に―・える」

  1. 相手の言うことを、納得して認めることができる。物事のわけが理解できる。わかる。「そりゃ、―・えません」

    1. ㋐話がある所にまで伝わる。知れる。「君のうわさは重役にまで―・えているぞ」

    2. ㋑広く知られる。評判になる。「世に―・えた秀才」

  1. 言う」の謙譲語で、その対象を敬う。

    1. ㋐お耳に入れる。申し上げる。

      「―・ゆれば恥づかし、―・えねば苦し」〈伊勢・一三〉

    2. ㋑便りで申し上げる。手紙を差し上げる。

      「十二年の山ごもりしてなむ久しう―・えざりつると」〈後撰・恋二・詞書〉

    3. ㋒世間で名前・官職名を、…と申し上げる。…とお呼びする。

      「昔、太政大臣 (おほきおほいまうちぎみ) と―・ゆるおはしけり」〈伊勢・九八〉

  1. 5の誤用から。「きこえたまふ」全体で》「言う」の尊敬語。言われる。おっしゃる。

    1. 「力なきことは、な―・え給ひそ」〈読・雨月・菊花の約〉

  1. (補助動詞)動詞連用形に付いて、謙譲の意を表す。…申し上げる。

    1. 「上の御ありさまなど思ひ出で―・ゆれば」〈・桐壺〉

出典:青空文庫